彦根城

日本の城の中では、一番好きな城であり、周りの風景も併せて最も日本的な情緒を残した城である。

天守閣からの景色も琵琶湖がよく見えて素晴らしかった。庭園も城の近くにあり、とても趣があってきれいである

彦根城は、徳川四天王の一人、井伊 直政が琵琶湖湖畔の磯山の地に城を築こうとしたことに始まる。

ちなみに、井伊 直弼は、幕末の譜代大名。近江彦根藩の第15代藩主。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、

日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが、

それらの反動を受けて暗殺された。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL